https://zushi-seitai.com

健康

プレゼン、会議、出張と飲み会のための「逆算食べ」で様々なビジネスシーンを最強に乗り切ろう!

様々な状況に合わせて逆算食べが最強の食べ方です

こんにちは!ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院です。

日常の中で様々なシチュエーションで、どういうふうに食事を取り込みながらパフォーマンスが挙げられるかというのは考える人はいるかもしれません。

食べ方集中アップという AERA の記事の次のページにこの逆算食べが最強という記事がありましたこれをまとめてみたいと思います。

1)午後に大事なプレゼンや会議が場合の食べ方:

絶対負けられないプレゼンがある日はどのように食事を組み立てたらいいのでしょうか?

起死回生の策を練る時は、交感神経を高めてくれる肉類が効果的だという風に自律神経研究で有名な順天堂大学の小林先生が言っています。

自律神経が整っているとは二つの神経バランス、つまり興奮モードの交感神経とリラックスモードの副交感神経が高いレベルでとられているということを示します。

気合の入れたいのなら豚肉の他に牛肉、マグロなど交感神経を高めてくれるからいいそうです。

会議の前に緊張しやすい人はアジやサバ缶などを食べるといいと先生は進めています。

仕事を前にして早食いをして満腹いっぱいに食べてしまっては消化に血液が全部取られてしまい、副交感が一気に活発になってしまいます。

だから大事なプレゼンや大きな仕事がある場合は、食事の前にコップ一杯の水を飲むようにしてから腹6分目から8分目の量をゆっくりと味わいながら食べることが大事だそうです。

この二つを守ることで交感神経から交感神経のスイッチが穏やかになり、大事な会議でも居眠りなど睡魔に襲われることのない状態になるそうですよ。

疲れない食事の取り方を実践するのがとても大事だと小林先生は語っています。

つまり大事なプレゼンの前に縁起担ぎでカツ丼やとんかつなど食べてしまう場合なら、ご飯を少なめにして野菜スープおのみタンパク質などおかずから先に食べてからご飯を食べると自律神経のバランスが崩れることがないそうで。

そして満腹になるまで食べないそうです。

まんぷくは絶対にハイパフォーマンスを発揮できない状態になってしまうそうです。

そうですよねライオンもお腹がいっぱいになっては眠くなってしまいます。

小林先生のハイパフォーマンスになる時の定番の昼メシがコンビニの納豆巻き一本とカップのとん汁だそうです。

それをゆっくり食べて噛んで飲めば十分満足できるそうです。

たぶん多くの人が勝負前はカツ丼音がすると食べて気合を入れるぞと思ってる方は多いので、これを読むとちょっと驚かれる方が多いかもしれません。

けれどもおそらく自律神経を研究し尽くした小林先生は真逆のことを言っていますけどもこれが正しいことなのでしょう。

緊張が会議の前に溜まってしまったら、少しお水を飲み、そして緊張緩和のためにガムがグミを食べてリズム運動によって自律神経のバランスを整えのもいいかもしれません。

大リーガーなどがよくガムを噛んでいますけど、ガムを噛むだけで脳の血流が良くなり脳内の前頭前野においては10%か40%も血流が増えるという風に書いています。

朝食は前日の夕食に配る気を配る必要があるそうです。

朝食はその日の自律神経のバランスを整えるためにとても大事だと小林先生は書いています。

特に男の人は30代女性は40代以降から自律神経のバランスがとても落ちてしまうそうです。

朝食を抜いて、昼職以降で挽回するのは無理だそうです。

夕食後3時間は腸の活発がいなる腸のゴールデンタイムなので、この時間は是非眠るまでに確保して体を整えてあげてください。

食事を食べてすぐ寝てしまうと、睡眠の質が悪くなり体の疲れも取れなくなってしまいます。

1日3食規則正しく美味しく食べることで、自律神経が整いストレスに強くなり、体も元気になって、便通も良くなりプレゼンがある日に限らず日々調子良くなるそうです。

2)1日パソコンと向き合って仕事をしてる場合の食事の食べ方はどのような方法が良いのでしょうか

パソコンに向かいながら1日仕事をしている人はとても多いですが、ついつい手が伸びてしまうのお菓子ではないでしょうか。

しかしならなら無理をしていては体にもとても良くないそうです。

間に間食をするならナッツやドライフルーツを食べると体に必要な栄養素が補われます。

ある体の特定の箇所だけを使い続けると、その体の部分のカルシウムやマグネシウムが入ってしまい、神経伝達システムが誤作動を起こし筋肉に不具合を起こしてしまったりするそうです。

そこでナッツやドライフルーツを食べて、不足したビタミンミネラルなどを 補充するばかりでなくかみながら、その刺激が脳に伝わることによって脳もリフレッシュされるそうです。

食べる時は一度お仕事の手を休めてパソコンを閉じて、気分転換をしてじっくり味わいながら食べるのもいいかもしれません。

だらだら食べていては体にも良くないですし、間に休息を取らないという結果にもなってしまうそうです。

人間は同じことを30分1時間やってると飽きてくるので、このようにちょっと間食もして例えばその席から立って足を動かすこともついでにいいかもしれません。

疲れたからといって、おかしいや糖質のものをたくさん食べてしまってはかえって血糖値が上がってしまうのであまり良くないそうです。

また残業で遅くなる場合空腹のまま仕事を続けても効率が上がらなそうです。

だから間に少し甘酒や消化吸収の時間がかからないものを飲むのもいいかもしれません。

3)次の日が早起きをして出張に出かけないといけない日はどのような食事がいいのでしょうか

このような場合が食べ過ぎ飲み過ぎにならない気をつけて夕食後の睡眠の質を保つようにするのが大事でしょう。
おすすめなのは野菜やきのこがたっぷり入った鍋や煮込みうどんだそうです。

逆に脂質の多いものや食べ物が胃に手入れをするものは消化に時間がかかってしまい睡眠の質が悪くなるそうです。

例えばステーキ屋天ぷらは消化に4時間以上かかりますまたご飯やパンも2時間から3時間かかってしまいます。

明日早いからと早めにベッドに入ったしまっても、このように紹介していては睡眠の質が悪くなります。

また少し空腹を感じたら、例えばホットミルクやちょっと甘さ控えめのホットココアなど体を温める温かい飲み物を入れにいれ、ば副交感神経が活発に行って体がリラックスをして体が眠りのモードに入ります。
また次の日朝からずっと動き回るなら是非タンパク質など卵ヨーグルトなど駅のコンビニでも買えるものでたんぱく質を補ってください。

少し便秘になってしまう人が夜寝る前に、オリーブオイルや亜麻仁油などスプーン一杯のオイルを食べることで腸の中の滑りがよくなり便秘になりにくい状態になるそうです。

またこのような質の良い油は腸内環境を良くするので自律神経を整える効果も期待できるそうです。

4)夜は飲み会や会食ある場合は1日どのように食事を組み立てたら良いのでしょうか

夜に飲み会がある場合はその日の朝食が少なめに腹八分目から6目、前日の夕食は野菜や海藻類など食物繊維発酵食品をなるべく取って、そして腸内環境を整えるように心がけると良いでしょう。

また飲み会の時はお酒を飲みながら同じ量のお水を飲むといいそうです。

これは酔いが回らなくなるんででもいいです。

私も実践しています。

また飲む時はタンパク質をたくさんとると肝臓の修復にもなるのでいいです。

揚げ物や唐揚げは胃の負担になるので少し控えめに食べるのもいいかもしれません。

また二日酔いには味噌汁が次の日の朝食してそしておすすめだそうです。

まとめ

このように大事なプレゼンの前はドカ食いをしない焦らずにゆっくりと食事をして交感神経副交感神経のバランスを整えることが大事であることを話ししましたが、これは私はかなり一理あると思います。 焦ってしまっては自律神経のバランスが崩れるので是非ここら辺をどっか大事なプレゼンがあるときは覚えていて下さい。 またパソコンの前で1日座っている場合は30分に1度ぐらい経ってそして間食はあまりお菓子などを食べずに、ナッツなどを食べて休息しながら体に疲れを溜めすぎないようにするのは大事です。 大事な出張の前の日には夜ドカ食いをしないで朝はタンパク質などの食材をとってあげると体が元気に動けるようです。 飲み会も飲み会の前の朝食と昼は軽めにする事か大事だそうです。 大事な事がある前は事前のの食事はちょっと軽めにするというのが共通の結束のような気がします。 何事でも普段から腹八分目を整えて気にかけていれば、きっと体はいつも良い状態で、どのようなストレスにも向かっていけると思いました何か少し皆さんの参考になればいいと思いました。

(Visited 2 times, 1 visits today)

-健康
-,

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.