うつ病 不眠 体の不調

「それ本当にうつ病ですか?」薬を飲んでも良くならない。。NHKあさイチの番組をまとめてみた

それ本当にうつ病ですか?

こんにちは!ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院です。

2019年5月のあさイチの放送のタイトルが

「それ本当にうつ病ですか?」というタイトルでした。

今の時代、15人にひとりがうつ病に苦しんでいます。

三割の人が治療しても一年症状なおらないそうです。

実はうつ病以外の病気や障害だった事が後から判明するそうです。

うつ状態はいろいろな疾患でなるそうです。

それだけ見てもちがって、うつ病じゃないかもしれないときもあるという事になります。

集中力がない、気分落ち込む、疲れやすい=いわゆるうつ状態=ADHA、脳梗塞、認知症、甲状腺など、、

うつ病じゃないのに薬を飲んでもよくならない。

うつ症状の原因が実はカラダの栄養素不足だったかも?と言う記事もかいています:

その心の不調は実は栄養不足かも??「分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)」

うつの原因をつきとめるためには?

総合的な診断が大事だという事ですね。

うつが治らないと感じたら、うつ病じゃないかも?

抗うつを飲んでも、症状改善しない?頭ぼーっとする。

薬悪くなるわけじゃないけど、よくもならない。。。

などの場合は:

うつ病以外の可能性。。治療しても症状良くならない場合は他の病気が原因。

たとえば昼間の眠気などがある場合、睡眠時無呼吸症候群がうつのような症状になったりするすです。

うつ病の4割が無呼吸症候群併発しているらしいのです。

うつ病とうつ症状は違う。うつ症状のうち5つあればうつ病といいます:

2週間以上つづく、

気分が落ち込む、食欲減退か増加、死について考える、気分が落ち込む、集中できない、自分をせまる、疲れている、興味と喜びがなくなった、集中できない、気持ちがあせる、不眠か寝すぎる

うつ病以外の原意には:がん、脳梗塞、甲状腺機能、パーキンソン病、薬の副作用、認知症、無呼吸症候群などがあるそうです。

うつ病、PSTD,パーソナリティー障害、ADHD,ASDなど

更年期障害はと思ったら実はうつだった場合も。。。

 

無呼吸症候群の可能性:

いびきがひどい

呼吸が頻繁にとまる

朝だけ頭痛やだるさがある

昼間激し眠気

朝起きた時血圧高い

の場合は無呼吸症候群の可能性があるみたいです。

 

うつ状態?と思ったら。。。

双極性霜害(そううつびょう)という症状があるのをご存じですか?

この症状は調子がいい時と悪い時があるのです。

うつ病と双極性障害とは全く違う薬をつかのです。。

抗うつ病の薬で症状が悪化する時があります。。。

症状の違いは短い問診ではつきとめられないようです。

薬を変えたら、症状が良くなったと言う方がテレビで紹介されていました。

症状があっても薬があえば、整えるられる状態になるそうです。

専門家でも見極めるのが難しい。

「心の元気プラス」会報誌

メンタルヘルスの雑誌「心の元気プラス」を紹介していました。

双極性障害

なかなか治らないうつ病の2~3割は実は双極性障害

そう状態の見極めがむずかしい:

アイディアがわいてくる、

気前が良くなる,

自信に満ち溢れる、

眠らなくても大丈夫。=でも実は「そう」の状態。

1日中から4日間ハイが続く場合はうつ病よりも双極性障害の可能性が強いかもしれないようです。

本当にうつ病か疑問。。

 

患者としては自分が「うつ」かどうかなど医者に強く言えないでしょう。

うつ病の時は頭ぼんやりしていてついでにうまく言えないかもしれません。。

周りの人が気が付くべきでしょう。

大きな病院で沢山くすりを飲む?

主治医との意見以外にもセカンドオピニオンが必要かもしれません。

うつ病は半年から1年かかる。

それでよくならなければ、「もしかしたら?」と疑ってみる事が大事でしょう。

主治医にも訴えてみる事も大事だと思います。

三鷹市桜美林病院 うつの原因を務めるために入院があるそうです。(クリックするとここの病院のリンクに飛びます)

入院プログラム:血液検査、脳のCT, 軽い運動の検査=行動の特徴を調べる、心理検査=脳の傾向=性格の傾向を見る、知能テスト、睡眠チャート、気分、行動など様々な事を見て診断するみたいです。

このほかのうつの記事:

整体:産後うつと不調の辛さの緩和に。。。

うつ病と偏食の関係・・・

うつ病の予防と回復の道のり、抜け方。(雑誌アエラの記事より)

整体や手当はうつの症状にある程度効果があります

実は整体などカラダを手でほぐす施術にはうつや「こころのけが」を改善させる効果があるそうでう。

手当=グルーミング=皮膚感覚コミュニケーションによって施術を受ける人の体の中でオキシトシンとセロトニンが分泌されるようになります。

このようにオキシトシンやセロトニンについての雑誌にも書いてありますし、実際に施術をさせていただいている私もそのような経験をしております。

ただし本当にしっかりとセロトニンとオキシトシンが出て安定的に回復するためにも3か月間くらい定期的に施術を受ける事をお勧めします:

首こりの本にも:

やはり体質改善は3~4か月焦らず、ゆっくりと体を回復させる気持ちで受けると結果につながると思います。

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院ではちゃんと一人、一人の不調に向き合う事を大事にしています。

この理由から初回は初診料をいただきますが、ゆっくりとカウンセリングをして、患者様との信頼関係を施術前に簡単なレベルですが、「施術を受ける相手を知ってもらう」程度ですが、初回からしっかりもってもらい、一回一回の施術が回復につながるように、頑張っております。

ぜひドイツ式カイロプラクティック逗子整体院の施術でカラダをほっと温まる、柔らかい体にしませんか?

ドイツ式カイロプラクティックでほぐす

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院の施術イメージフォトムービーです:

実際施術を定期的に受けている方のインタビュー音声です:

インタビュー1)90秒くらい

インタビュー2)3分くらい:(実際15年くらいお見えになっている方の声です:

体が温まる整体院としてJ:COMにも紹介されました

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 院内の様子です!この写真にうつっているのが施術者の クラウディア・笠川・マーツです。ドイツ人と日本人のハーフです。 SINCE 1994 逗子銀座通りにある小さな整体院です。痛くないやさしい施術ですが、しっかりほぐして、体の元気回復します。 血の巡りをよくして、自律神経のバランスをよくします。 www.zushi-seitai.com 046-872-3831 #ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 #逗子整体  #逗子カイロプラクティック #逗子かたこり - Spherical Image - RICOH THETA

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院で受けられる施術

ドイツ式カイロプラクティック(全身コース、重点的に施術したい方のハーフコースなど施術を一人、一人に合わせてカスタマイズできます)

リフレクソロジー(足裏マッサージ、ハンドマッサージ、ヘッドリフレ)

パートナーストレッチ(人にやってもらうストレッチ)

(二つの施術のコンビネーション、三つの施術のコンビネーションなど様々なコンビネーションが可能ですのでご相談ください)

営業時間

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院の営業時間は次の通りです:

月曜日ー金曜日 9:30-13:00 15:00-19:00  土曜日9:30-15:00

日曜日、祭日はお休みとさせていただきます。

予約優先

基本的にはお待ちしていただく事がないように予約優先とさせていただきます。

出張治療もおこなっております、ご相談ください。

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 046-872-3831

 

休む事を考えさせるオーディオブック

 

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 6 times, 1 visits today)

-うつ病, 不眠, 体の不調
-, , ,

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.