体の不調 健康

冷え症の原因は血管の老化?硬くなった血管を柔らかくして体を温めよう!

冷えの原因は実は血管の老化にもあった?

 

「つらい冷え性が改善!血管若返り術」と言うテーマが2月8日のNHKガッテンのテーマでした。

 

今までNHKのガッテンでは沢山の冷え性の改善の対策を取り上げています。首を温める事、膝の上に手を置くと自律神経がリラックスモードになって体が温まる、など。

 

でも今回はもっと衝撃的な内容でした。ずばり:

血管の老化=冷え性でもある!と言う事です。今までガッテンでは血管を柔らかくして、血管年齢を若く保ちましょう!とやってきましたが、今回はさらに最新の研究で冷え性と血管の老化には関係がある事!と言う事がテーマでした。

 

ほー!

 

そしてその10人に一人が危険な冷え性かもしれない!と言う事を伝えていました。

 

脳こうそくを引き起こすかもしれない冷え性??

 

命を落としかねない冷え性とは血圧の異常です。普段の血圧測定では何も出なくてもある特定に血圧のはかり方をすると血圧の異常があるかがわかります。

 

血圧の変動が激しい人は要注意だそうです。

 

血圧変動の異常の原因は血管が硬くなっている事と自律神経の乱れだそうです。冷え性を引き起こす原因と同じなのです。このような大きな血圧変動は脳こうそくを起こすリスクを物凄く高めてしまうそうです。

 

どうやってこの”危険な冷え性を見分ける事が出来るか?

 

座って測定してから、一回立って、そしてもう一回測定をすると言う方法です。1回目と2回目の差が10未満なら大丈夫です。10から15の差がある場合はイエロー。15以上違う場合は血圧の専門家(循環器内科など)の受診を進めていました。

 

さて、冷え性やこの血圧の変動以上を改善するために何をしたらいいか:

 

血管のばし。以前は“血管ストレッチ”と呼んでいた事もありました。

 

ストレッチの時に血管を伸ばすようなストレッチを意識的にする事です。冷え性の人は血管が硬い。なら血管を柔らかくしたら、冷え性が改善しないだろうか?と言う素朴な疑問から生まれたのがこの:血管のばし 血管ストレッチです。

 

血管のばしによって血管が柔らかくなる効果はすぐに出ますが、効果は持続しません、継続は力なりで、根気よく、ライフワークのように、毎日のルーティーンの中に取り入れる事が大事だそうです。

 

番組では足の血管を中心に下半身のストレッチを進めていました:

 

5つのポーズを左右30秒、1日2回(朝、夜) 合計:10分だそうです

 

注意は:無理をしない、痛みを感じない程度で行う事、呼吸を止めない事、そして持病がある方は:医者に相談してくださいとの事でした。

この血管のばしについてのガッテンの番組のフォトムービーです:

この番組についてのNHKガッテンのホームページはここをクリックしてください

ドイツ式カイロプラクティックの施術も体を柔らかくする効果があるようです

ドイツ式カイロプラクティックの施術を受けた方は”体が柔らかくなった”とコメントして下さる方が多くいます。筋を伸ばしてほぐして行くので、この施術はストレッチの効果もあります。

血管のばし的な効果もあります。リラックスしながら血管伸ばしが出来てしまうドイツ式カイロプラクティックで血管ケアーしませんか?リラックス&血管ケアー! 体も血のめぐりが良くなるので楽になりますよ!

 

 

 

 

(Visited 27 times, 1 visits today)

-体の不調, 健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.