健康

座っている事は無重力と同じ?老化防止には30分に一度立つこと!?

NHKのガッテンで凄い事を放送していました。座っている状態は無重力状態と同じであり、長く座っていると老化を早めてしまうそうです。最近座りすぎが問題になっていますから。番組フォトムービーです:

オーストラリアでは国を挙げて座りすぎ予防の活動に力を入れている事は有名です。

NASAでは様々な若返りについての研究を行っているそうです。宇宙飛行士が地球に帰ってくると、立って歩けなくなるくらい筋肉が弱くなる事は有名ですよね。それでも1日3時間運動をしているそうです。どうしてそうなってしまうか?それは耳石がまったく刺激を受けないので、体の能力が衰えてしまうそうです。様々な影響がある事、免疫までが低下してしまうとは!

1時間座り続けると22分寿命がちじむそうです!知っていました?驚きですよね!

dscn1022

で座っている事も無重力と同じ状態だそうです。番組で麻雀をやっている人と銭湯の番台の人に30分に一度たってもらうようにするとコレステロールなど数値が改善した人が沢山出たそうです。特別な事はやらなくても大丈夫です。ただ30分に一度立つことを意識すれば、それだけで耳石が刺激を受けて、体の老化を予防できるそうです。もちろん立つことや運動はそれでも筋トレ、大事ですので、とても大事な事ですが、一番まず初めてほしいのは30分に一度立つ!と言う事だそうです。

それだけ、でもそれだけをやるかやらないかで大きな体の老化を予防できるか出来ないかの差が出るのです。

私も今日からタイマーをかけておいて、30分に一度ちりりり~んとなるようにしています。簡単な事は実践してみたいと思いました。

まさに”耳石の念”ですね(じせきのねん)

耳石刺激して!老化予防~。

体のメンテナンス、サポートしています。やさしい体が温まる本当に楽になる施術で体元気に!疲れを取り除きませんか?

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院046-872-3831

(Visited 21 times, 1 visits today)

-健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.