https://zushi-seitai.com

健康

つらい時があった時はボランティアをすると言いとスタンフォードの教授がテレビで言っていました

ボランティアのすすめ

こんにちは!ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院です

世界一受けたい授業でスタンフォードの人気教授が”ストレスを力に変える方法”について話をしました。

その中で最後の方に”つらい事があったら、ボランティアをすることで悲しみや辛いことを超える事ができる”、ボランティアをすることが
人間にとって良い悲しみの対処法だと言っていました。

驚き!意外と言うか、なるほどーと言うか。私はボランティアはやっています。

”情けは人のためならず”と言う言葉はボランティアをして実際実感しています。

何かじぶんに恵みが色々と帰ってくるような、心が豊になるような気はしています。

人間は辛い事があった時ボランティアなどをして人のために活動することでオキシトシンと言う物質がでて体の中のストレス物質を減らしてくれるそうです。

とても意外な事だったので、思わずテレビを一生懸命見てしまいました。辛い時こそボランティアなんですね。

ボランティアを募集している団体

action unit for communicative NPO

NPO法人あっちこっち

子ども食堂を手伝い人

そのほかにもいろいろあります。ぜひネットで検索してみてください。

         他のページへのリンク

初めての方へ

開院理由・プロフィール

ドイツ式カイロプラクティックってなんですか?

リフレクソロジー

施術口コミ

施術の流れ

他との違い

アクセス・営業時間

施術料金

月一度のメンテナンス

体をほぐす事、施術の効果

院内の様子

このような症状の方がお見えになっています

トップページ

インターネットでのお問い合わせはこちらよりどうぞ!

小さな整体院ですので、インターネットを見る時間がなかったり、メールを見る時間や返信する時間がない時があります。急ぎの予約やお問い合わせはお手数ですが、お電話していただけると助かります

046-872-3831

施術の予約はこちらからメールを返信して初めて成立した事になりますので、ご了承ください。

(Visited 20 times, 1 visits today)

-健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.