健康

まさかあの行動が?日ごろの行動から認知症をチェック!

CAT9V9A9679-thumb-autox1600-29216

「〜まさか、あの行動が!?すばやく認知症を発見する方法」

と言うテーマで健康カプセル元気の時間の放送がやっていました。

 

認知症を行動から判断する事はとても大事な事かもしれません。なぜかと言うと今認知症は早期に発見すればまた脳が回復する可能性が大きいからです。人間の脳の素晴らしさですね!

だから”認知症怖い!”と思うよりも、行動をチェックして、早く見つけて、早期発見だ!と思うようにしてみてはいかがでしょうか?

名前を忘れるくらいは当たり前です、話している相手の存在すら忘れていたら認知症の疑いがあるかもしれません。また本を半分以上よんでやっと読んだ事に気が付いた、同じ物を3回買ってきたと言う場合は軽度の認知症を疑うべきかもしれません。海馬の委縮が疑われます。

また認知症になると性格が変わるそうです。つまり家族の中で急に性格が丸くなったり、変わったりして来たら、その人の行動が変でないかをチェックしなければなりません。

ほんにんは意識していないので、否定するかもしれませんが、根気よく観察と必要がある場合は医者に行く説得をあきらめないでください。

最近では50歳以上の人を対象にアルツハイマー型の認知症を画像診断で判断する方法も出てきました、海馬の委縮を普通の人と比べる事で認知症かどうかがわかるようになってきたそうです。

早期アルツハイマー認知症の診断支援システムもあるんです!

 

東京都町田市なかはら脳神経クリニックで行われている: 50歳以上を対象とした早期アルツハイマー型認知症の診断支援システム

MRI画像で脳を撮影健常者と脳の萎縮を比較して診断します:

海馬の萎縮度を判断します。

0-1委縮なし(正常)

1-2 やや委縮あり

2-3 委縮がかなりある

3- 委縮がかなり強い

早期発見のためには画像診断が有効だそうです。

認知症予防にはウォーキング!早歩きで!

しゃべれないくらいの早い速度である事が認知症の予防になりますよと番組の最後でお医者さんが言っていました。なるほど!と思いました、足を使い、目を使い、体も全部使う早いウォーキングは脳の最高のトレーニングなんですね。

番組をyoutubeでフォトムービーでまとめてみました、興味がある方はこちらもぜひチェックしてみてください。

ドイツ式カイロプラクティックは元気でいつまでも自分の足で歩きたい方を応援しています!体をほぐして、血のめぐりをよくする事で本当に”年だから”と諦めていた多くの高齢者が元気になって、日常を楽しめるようになりました。

あなたの健康のケアーとサポートをぜひさせてください!開業は1994年です。やさしい痛くない施術で心と体をほぐします!

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 046-872-3831

インターネットでのお問い合わせはこちらより

 

 

(Visited 11 times, 1 visits today)

-健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.