体の不調

なぜ脳は疲れてしまうのでしょうか?

なぜ脳が疲れてしまうのでしょうか?

最近の研究でわかって来た事は一日の脳がこなせる意思決定には限りがあるそうです。意思決定をすればするほど脳は疲れてしまうそうです。何を食べようか、何を着ようか、パソコンで何を見ようか・・・など。

現代人の集中力はもって8秒と言われています。金魚が9秒ですから。。現代人の集中力は8秒??

脳が疲れるとちゃんと眠っているのに、ぼーっとしたり、イライラしたり、疲れがとれない感じがします。

脳の疲れが原因しているのです。

脳はなるべく本当は意思決定をしたくないそうです。だからスティーブン・ジョブズ氏は毎日同じデザインと色のタートルを着ていたそうです。なるほど!

脳が疲れてしまうのなら、疲れにくい脳を作る方法を考えればいいですよね。

工夫をすれば脳の疲れを軽減できたり、疲れにくい脳を作れます。

 

たとえば、寝る前に次の日に着る洋服は決めておく、やるべき事を大まかに前の日に決めておけば、次の日、朝リフレッシュした形で作業に取り組めます。もう着る服、仕事の手順は決まっているので、脳は意思決定をしないですみますね。

そして:姿勢をよく座る事。猫背でぼーっと座っていると呼吸が浅くなって、脳に十分な呼吸がいかないそうです。猫背で損をしてるんですね。

竜馬のように座る事、背筋を伸ばしていい姿勢で肩をリラックスさせて、肺への呼吸をスムーズにする訳です。キーボードを膝の上においたらもっといいそうです。

寝る前にスマホを見ない。これも睡眠のために、脳の疲れをとるためにも大事な事です!

そして:しっかりと朝食を食べる事:血糖値の乱高下を防いで、いつも脳に十分な栄養が行くようにしてあげる事も脳の疲れを防ぐ大事な手段だそうです。3~4時間に一度はなにかを食べる:ナッツ、ヨーグルト、ゆでたまごなど。これらは血糖値が上がりにくい食べ物です。

また朝食に大麦を食べるのも、大麦のベータグルカンが血糖値の上昇を朝食の後に食べる食事の時抑えてくれるそうです。”セカンドミール効果”。

そしてもう一つ脳の疲れをリフレッシュさせてくれるマインドフルネスもいいそうです。

ようするに瞑想です。グーグルや多くの企業でもこのマインドフルネスを取り入れています。宗教色をとった瞑想。

呼吸に意識をする事でだんだん集中した脳のリラックス状態になるそうです。

一日5分、歩いていても電車の中でもいいです。やってみると脳がリフレッシュをするそうです。

1)背筋を伸ばして、丹田(へそのした)に力を入れて、肩を下げて

2)息を整える

3)3秒すって、2秒止めて、5秒息をはく (息を長くはく事で、自律神経的にリラックスするそうです)

4)心を整える 呼吸に意識を向けて - 他の事を考えている事に気がつく - 呼吸に意識をもどして と

段々こうして行く事で集中しやすくなるそうです。

ぜひやってみてください。

脳の疲れについて、この記事の参照元になります。脳の疲れについて・健康カプセル元気の時間

ちなみに:ドイツ式カイロプラクティックは首も頭も肩も良くほぐすので、脳の疲れもリフレッシュすると思いますよ!

046-872-3831 ご相談ください。脳が疲れてへろへろ!いらいら!へとへと!ほぐして楽になりませんか?


脳の疲れ 健康カプセル元気の時間 投稿者 moinchen

(Visited 22 times, 1 visits today)

-体の不調

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.