健康

瞑想と感情・脳は疲れている・科学から見た瞑想(その5)

5回のシリーズで瞑想についてNHKラジオでやっていた放送をまとめてみました。最近はパソコンなどの普及で意思決定が増えました、人間の脳は意思決定をすると疲れてしまうそうです。だから現代人の多くの脳が疲れていると言う事をラジオで言っていました。

そこで脳の意思決定の総量を増やすため、脳をリフレッシュするために瞑想をラジオで進めていました。瞑想するためには姿勢を整えて、呼吸を整えます。そして呼吸に集中したり、何かを観察をしながら瞑想をします。1日5分を毎日行う事で脳が本当にリフレッシュして、いい効果が沢山あるそうです。

さて、最後の回は瞑想と感情と言うテーマでした。瞑想はリラックスをしmす。でもこれは無関心になると言うことでしょうか?瞑想の場合感情が落ち込むのではなくてコントロールできるようになるそうです。そのための手法として瞑想があるわけです。

怒りが悪いと言う事ではありません、瞑想をする事で自分の感情の意味を知ると言う事だと思います。

たとえば怒り:自分大切な物に目を向けさせる役割があります。
たとえば悲しみ:自分が失った物に目を向けさせる役割があります。
たとえば喜び:自分が獲得した物に目を向けさせる役割があります。

このような事を瞑想をする事で気が付くようになるのです。感情に振り回されにくくなると言う事です。

瞑想は感情に対処をしてくれます。怒っている時は息をはきます。息をはくとリラックスします。副交感神経が有利になるので。

頭の中を空っぽにして思考を一回止めてみるのです。

たとえば怒っていると:あいつが悪い、自分はかわいそう。このような思考になります。このようなしこうになったら、”怒り”と言う感情を理解する事が大事なのです。””今自分は怒を感じているな”と観察をするのです。それから相手の立場になって物事を考えられます。

怒っている時は:あいつが悪い!と思います。
でも瞑想的に考えると客観的になれます:この人もハッピーになるためにやっているのだと思うと怒りと言う感情が減って行きます。怒りを楽しめるようになります。

日常的に瞑想をするとリラックスがたまってきます。リラックスは貯められます。

息をゆっくり吐く:リラックス貯金を貯めていきます。
怒りだけでなく、リラックスも貯められます。リラックスがたまっているとパニックしなくなります。
後どんな感情をもったか自分で分析が出来るようになります。

感情をコント―ロールできて、リラックスも貯金できる、

瞑想の方法:
3秒息をすって、2秒とめて、5秒はく。息に集中しながら、瞑想を毎日5分楽しんでみてくださいね。

脳の疲れ、ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院でほぐしませんか?
リラックスできますよ!
046-872-3831

(Visited 19 times, 1 visits today)

-健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.