健康

日本の平均寿命と健康寿命

日本人の平均寿命と健康寿命について考えてみたいと思います。数字を少し見ていきたいと思います。

平成25年度国が発表している数字になります。

平均寿命:男性は80.21歳  女性は86.81歳

健康寿命:男性は71.19歳  女性は74.21歳

均寿命と平均健康年齢の差は:約10年。男性で約9年 女性で12年

健康寿命とは体が介護状態にならずに元気に自活できる年齢のことをさします。

つまり:健康寿命と平均寿命の差がこれだけ大きいと言う事は!平均値でです、9年、10年寝たきりの人がこれだけ多いと言う訳です。

もちろん個人差はありますが、これが現実です。

このブログサイトは健康寿命を自分の小さな日々の工夫の中でどうやったら伸ばせるか、何かヒントになればと思っております。

またドイツ式カイロプラクティック逗子整体院でも皆様の健康寿命が延びるためのサポートになれば!と思い、施術といろいろな健康のためのヒントを提供できるようにがんばっております。

 

健康寿命が短いと:

寝たきりの介護生活が長くなります。

ボケが始まりやすくなります。

高額な医療費がかかります。

要介護、要支援になってしまう主な原因は:

第一位:運動機能の低下

第二位:血管の老化

第三位:認知症

です

 

このような状態になりやすい人は?あなたは大丈夫ですか?

  • 揚げ物や甘い物が大好きではありませんか?食生活の乱れから生活習慣病のリスクが上がります
  • 運動をほとんどしていない人。体が老化してしまい、筋肉の不足などから寝たきり、車いすのリスクが上がります。近年筋肉不足のサルコペニアなどが話題になっています。
  • すぐに悩みなどを貯め込む人。メンタルの健康と体の健康はとても大事な関係にあります。心の健康にも気を付けて、ストレスをため込まないようにするのも大事ですよ
(Visited 16 times, 1 visits today)

-健康

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.