体の不調 未分類

免疫力を下げる原因とは?理由その1)は低体温!

低体温は免疫力を下げます!

体温と免疫力は密接に関係しています。風邪をひくと熱が出ます。熱が出ている時、体の免疫システムが活発に働いています。ウィルスや雑菌や様々な病原体を一生懸命やっつけているのです。

体温35度以下で:がん細胞が増殖します

体温35.5度以下がずっと続くと:アレルギーや自律神経失調症の症状が出る事があります

体温36度で代謝と免疫が安定します

体温36.5度で代謝と免疫が活発に動きます。

それ以下になると血流が悪くなって白血球の動きが悪くなります。寒さの中にいると風邪をひきやすくなる理由はここにあります。体が冷えると免疫力が下がる原因の一つです。

低体温は生命的なリスクです!

35度以下でがん細胞が増殖する温度だなんて!凄いですよね。

 

体温を上げる事が免疫力を上げるためにどれくらい大事か理解できますね、このように低い平均体温と実際体で何が起きるかを並べてみると。

参照:病気にならない免疫力を身につける食事法 Sakura Mook より

体温を上げる努力、工夫をすることはちょっと工夫をすれば出来る事です。体温を上げる努力をして免疫力を上げて、元気に!毎日を過ごせたらいいですね。

 

ドイツ式カイロプラクティックの施術は血のめぐりが良くなって体が温まる施術です。平均で体温が0.5度から最大1,2度まで上がる事は施術前と後で体温を計っているのでわかっています。低体温改善の秘訣は血のめぐりを定期的に良くする事です。低体温体質改善のためにぜひドイツ式カイロプラクティックの施術をお試しください。3回受けていただければ、きっと違いがわかると思います。

(Visited 18 times, 1 visits today)

-体の不調, 未分類

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.