体の不調

たかが指先の冷えだと侮っていませんか?手の冷え大丈夫ですか?

DSCN3814

指先の冷えは全身に悪影響を及ぼします!

 

この前のサタデープラスで面白い事をやっていました。手の先の冷えは体全体に影響を及ぼすのはわかっていましたが、脳にも影響を及ぼすと言う事でした。

脳は指先の状態を見て体全体の状態を判断するそうです。指先が冷えていると”緊張状態だ”と判断してしまい、脳も緊張状態になってしまうそうです。指の先には交感神経が集中をしてい、ます、ストレスなどを感じると血管の回りの交感神経が優位になり、血管を収縮させてしまいます。結果血流が悪くなり、冷えます。

脳の緊張は全身にも伝わります。全身の血流が悪くなると慢性疲労、肩こりなど様々な不調をもたらすのではないでしょうか?

指先の血流量を増やそう!

 

だから指先の血流量を増やせば、脳は体がリラックスした状態にあると勘違いをして、脳もリラックスをして、体もリラックスしたいい状態になる!と言う事でした。

ながい事手の冷えをそのままにしておくと脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも上げてしまう事があるそうです。

大阪や東京で50名の女性にサーモグラフィーでチェックをした所、指先が冷えていた人は37名に上りました。これは大変ですね。多くの人が”これがいつもの状態だから!”と諦めていました。

番組に登場した女医の方が”指ピーン体操”と言う体操を考案していました。

 

指先の血流量を増やして、脳をだましましょう!と言うのがアイディアです。

やり方:

椅子などに座るかまっすぐ立つか、ひじを外に開き、肩の高さまで引き上げます、そしてひじを後ろにひき、肩甲骨を引き寄せます。そのまま5秒キープしてから一気に手を前に伸ばします。前に伸びた手のひらの指をまっすぐピン!と伸ばしてまた5秒キープ。これを3セット繰り返せばいいと言う事でした。

まあ体操をしていなくてもホッカイロを握るなど手首や首を温めて指先も温かいように心がける事が大事だと言う事ですね。指先の冷えは脳に伝わり、脳が全身がストレス状態にあると判断をしてしまい、脳も全身も本当にストレス状態になってしまうので。

(Visited 20 times, 1 visits today)

-体の不調

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.