うつ病 体の不調 未分類 症状別ブログ

うつ病の人は腸内善玉菌が少ない?

これは友達の家で見た新聞の記事ですが、うつ病の人は健康な人に比べて腸内の善玉菌が少ないく、一定以下だとうつ病患者の割あいが高くなるそうです。

このような研究結果が発表されたそうです。腸内環境は脳にも影響を与えていることも近年研究でわかってきています。

うつ病の人43人と健康な人57人の腸内の善玉菌を調べてみたそうです。その結果、ビフィズス菌は1グラム当たりの量(中央値)はうつ病患者で:約32億個、健康な人は:100億個。ラクトバチリルス金はうつ病患者が:79万個、健康な人が:398万個。

またラクトバチルス菌が309万個以下だとうつの割合が高くなり、発症リスクはそれぞれ2,5倍、3倍になると分析をした。

腸内細菌の関与が指摘され、ストレスなどで悪化する”過敏性腸症”もうつの人では割合が高かったそうです。

乳酸菌などを摂取したらうつが改善するかまだ研究されないといけないそうです。

(Visited 20 times, 1 visits today)

-うつ病, 体の不調, 未分類, 症状別ブログ

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.