体を温める

体を温める事は健康のために、人間が生きて行くために一番基本的な事です。

体を温める事で免疫力も上がりま、内臓が冷えないので体が疲れません。
自律神経のバランスも崩れません。などいい事ばかりです。

体を温める事、どのように体にいいのでしょうか??

平均気温は日本人が36.5度とされています。もっと前は37度前後。そして最近平均体温がどんどん低くなっていると言う報告を聞いた事があります。

体を温める事は体温を下げないようにしているので、体のためにはとても大事な事です。
体を温めて体温を上げると免疫力が活発になり、気分的にも元気になります。

自律神経のバランスも保たれます。

メンタルも体温に左右されると言う事をあまり意識されたことがないと思いますが、
ぜひ体を冷やさないように、体を温める工夫を日常の中で取り入れて、
心身共に元気に快適に過ごしてください。

簡単にまとめた自分で出来る温める対策

お風呂、薄着をしない、冬はズボン下をはく、レッグウオーマー、靴下を二枚はく(5本指靴下と普通の靴下の重ね履き)、体が温まる物を食べる、飲む。夜更かしをしない、体を適度に動かすなど。かんぷう摩擦も体が温まります。
シルクの手袋でお風呂に入る前などに体をさすってあげるとけっこう体が温まります。

ホッカイロを使うことも[低音やけどに気をつけながら)有効です。

筋トレも冷え症改善には有効です!

体を温める方法として筋トレ、筋肉をつけることもおすすめです。NHKのガッテンと言う放送で運動後30分以内に甘い物とタンパク質をとると筋肉量がアップするとやっていました。
この時のガッテンの放送の番組フォトムービーです:



またマッサージなども血の巡りがよくなるので、体が温まります。

特にドイツ式カイロプラクティックの整体術も体の血の巡りを良くするので、体を心底温めるにはとても有効です。
本当に施術が終わって多くの方から”体が温まった”と言う声を90%以上感想として聞きます。

体の冷え症は不妊症、免疫が弱くなるなど様々な体の不調をもたらします。メンタル的にも冷え症が影響しているのではないかと長年の施術の経験から思います。

冷え症体質の改善には3か月から6か月週一回通っていただけるとかなりの冷え症の改善につながります。特に一冬じっくりドイツ式カイロプラクティックでほぐしながら体質改善をなさると春先には本当に冷えにくい体になっていると言う経験を患者様と一緒にしています。もちろん施術に通っている間には色々一緒に冷え性対策を考えさせていただきます。

冷え症に本気で立ち向かってみませんか?
冷え症は工夫をすれば変わる事ができます!まずは体を根本から血のめぐりを良くしてから、ヨガなど体の体質改善に
トライする事は将来にわたって、メリットのある事だと思います。

お手伝いさせてください!あなたの冷え症改善に!

(Visited 26 times, 1 visits today)

投稿日:

Copyright© 【逗子の整体】ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.